入れ歯・義歯

アーク杉並デンタルクリニックの入れ歯(義歯)が支持される理由?

入れ歯

当院では患者さまの口腔内にあった入れ歯を製作し提供しております。入れ歯には、外れやすい、違和感がある、器具が目立つ等、世間一般にはマイナスのイメージが連想されがちです。しかし最近では、歯茎とのフィット感にこだわった入れ歯や、クラスプ(バネ)が目立たない非金属の材料を用いた入れ歯、そもそもクラスプを使わないノンクラスプデンチャー、インプラントや残った歯根を利用して行う入れ歯等、実に多種多様なニーズに沿った入れ歯装置が利用されています。

また、しっかりとした検査・診断のもと、正確な技工技術を用いて、時間をかけて適合精度の高い入れ歯を製作すれば、外れにくく、モノが良く噛める快適な入れ歯を製作することが可能です。すぐ外れてしまったり、噛んだときに痛みや違和感を生じる入れ歯は、そもそも適合精度が低いと言わざるを得ません。入れ歯治療は外から見る以上に、型合わせの精度が求められる治療です。そのため、最終的な入れ歯を製作するには本来時間のかかる治療法だとも言えます。


合わない入れ歯は老化の原因!?

合わない入れ歯入れ歯の悩みは様々です。その悩みを患者様が満足されるレベルで解消させるためには、残念ながら昔から存在している保険素材の入れ歯だけでは十分ではありません。

なぜなら保険の入れ歯は技術的にも材料的にも50年以上から全然進歩していないためです。このようなことから、当院では一般的な保険の入れ歯(義歯)以外にも、効果が実証されている様々な最新の入れ歯をご用意しています。

保険でできる入れ歯

低コストであることが保険入れ歯のメリットといえます。しかしながら、使用できる素材が限定され、床の素材はプラスチックとなり、臭いや汚れが吸着しやすかったり、長期間の使用で変色やすり減りが起こったりします。また製作工程上厚くなりますので、違和感を訴えられる方も少なくありません。総入れ歯の場合、食事の温度が粘膜に届きにくいこともあり、美味しい食事を楽しめないケースも多いです。

    • 総入れ歯

      総入れ歯

      粘膜に当たる部分と歯の部分の素材は粘膜に似た色のプラスチック(レジン)です。

    • 部分入れ歯

      部分入れ歯

      総入れ歯同様素材はプラスチック(レジン)で留め具は金具になっています。

入れ歯が合わない・痛いという方は保険外の入れ歯も選択肢に入れてみてください!?

自由な素材が使えるのでより快適で機能的な入れ歯を製作できます!

保険範囲内の入れ歯ではどうしても使用できる素材が限られております。これは国で定められている保険制度によるものです。自費の場合、ここに縛られず、コンフォータブルな素材で快適な生活を送ることができる入れ歯を提供することが可能です。

ここがちがう!保険外(自費)の入れ歯

保険では使用することのできない「快適性を求めた素材」が自費の入れ歯では使用できます。自費の入れ歯の特徴としては、軽い・薄い・熱電導性が高い・目立ちづらいところです。これは患者さまのQOLを高める非常に重要なことです。食事が楽しくなければ生活の質は低いのではないかと当院では考えています。そのため生体親和性の高い良質な素材で快適な生活を送っていただけるよう最良の義歯を提供しております。当院では、「ナチュラルデンチャー」というノンクラスプ義歯を扱っております。他の呼び方をするものもありますが、メーカーが異なるために違うだけで、基本は同じく、金属のバネのない「ノンクラスプ義歯」す。また、ナチュラルデンチャーの長所は軽くてやらかいため、違和感が少ないです。 ただし、小さな部分義歯には適しているのですが、大きな部分義歯にはしなりが出てしまい欠点となることもあります。当院ではそれを解決するために「スーパーナチュラルデンチャー」というものも用意しております。これは見える部分にはナチュラルデンチャーを用いて人に気づかれないように、見えない部分には金属で薄く強度を持たして違和感を出来る限りなくすといったものです。入れ歯が合わない、痛い、食事がおいしくない!といった方はお気軽にご相談ください。

  • ナチュラルデンチャー

    マグネットデンチャー

    金属のバネがないやわらかい素材の入れ歯です。口腔内に密着し、食べ物の温度が伝わりやすく、快適なお食事と生活が可能な入れ歯です。

  • スーパーナチュラルデンチャー

    オーバーデンチャー

    金属のバネがないやわらかい素材の入れ歯です。見えない部分には金属で薄く強度を持たして違和感を出来る限りなくしています。

インプラントを使用したインプラントオーバーデンチャーという選択肢

合わない入れ歯インプラントオーバーデンチャーとは、基本は2本のインプラントを埋入し、現在使用している、もしくは新たな入れ歯をしっかり安定させる治療法です。入れ歯が動くこともほとんどなくがっちりと安定するために、今まで噛めなかったようなリンゴ等の硬い食べ物でもしっかりと噛めるようになります。また、患者さんが自由に取り外しできるためメインテナンスが非常に簡易で、大きな外科手術を必要としないため全身的な負担も少ない治療法です。基本は下顎のみ対応となります。上顎の骨は弱いため予後が安定しない場合があるからです。上顎の場合は予後も良いオールオンフォーをおすすめしてます。

インプラントについてはこちら

入れ歯(義歯)の治療費

総入れ歯

名称 イメージ 特性 料金(税別)
保険義歯 保険義歯 ・経済的なプラスチック製
・強度がなく壊れやすい
・生体親和性が低い
保険適用
ナチュラルデンチャー(片側) ナチュラルデンチャー ・接合部に金属を使用しない
・生体親和性が高い
¥100,000
ナチュラルデンチャー(両側) ナチュラルデンチャー ・接合部に金属を使用しない
・目立たず、入れ歯とわかりにくい
・取り外しは簡単にできる
¥200,000

部分入れ歯

名称 イメージ 特性 料金(税別)
スーパーナチュラルデンチャー スーパーナチュラルデンチャー ・接合部に金属を使用しない
・目立たず、入れ歯とわかりにくい
・生体親和性が高い
¥350,000